2017年03月21日

駅西銀座振興会・会合開催と和田市議の市政報告

駅西地区にある「駅西銀座振興会」の会員様による会合とお食事会があり
もれなく当たる抽選くじもあり、盛り上がりました。

当日は、若手ナンバーワンの市会議員の和田直也さんの市政報告もあり、
駅西地区が少しずつ盛り上がってきていることをわかりやすくお伝えいただきました。


★以下の文章は、和田市議のブログより引用しました。

【 駅西銀座振興会( 17/03/21 tue ) 】
岐阜駅からほど近い長住町〜日ノ本町〜福住町〜新栄町〜花園町〜西問屋町周辺でお店や事業など営まれる皆さんで構成される駅西銀座振興会の総会に出席。アーケード老朽化や空き家問題など現実的な課題を抱えつつも、新店舗やデザインオフィスの入居など、新しい動きも少しずつですが芽が出ています。こうした動きを応援しつつ、上記の現実的な課題については今回の市議会定例会の包括外部監査でも道路占用を巡る問題として指摘を受けているテーマですので、引き続き、きちんと膝を突き合わせて調整していきたいと考えています。

<和田市議ブログ>


ekinisi4.jpg
和田市議の市政報告と駅西銀座振興会・会合


posted by gifu-office at 16:19| Comment(0) | トピックス・タウンニュース

2017年03月10日

岐阜が、2018春のNHK朝ドラ 『半分、青い。』の舞台に!! 脚本は岐阜県出身の北川悦吏子氏

今日のネットニュースで
岐阜が、2018春NHK朝ドラ『半分、青い。』の舞台になることがわかりました。
脚本は著名な北川悦吏子氏なので期待できそうです。

彼女の出身は岐阜県美濃加茂市なので、
ドラマの舞台もその関連で岐阜県の東農地区になる可能性があるそうです。

アニメ映画「君の名は?」で岐阜県飛騨市が大注目されましたが、
この朝ドラは、岐阜県と東京の両方が舞台らしく、
「君の名は?」の舞台設定ともイメージが重なります。

NHK朝ドラで半年間ほぼ毎日朝に放映されるので、岐阜も注目度が高まると思います。
少しでも街おこしにつながればいいですが・・・・。



hanbun1.jpg
(C)ORICON NewS inc. <参考資料を引用させていただきました>


<下記のコメントはネットのニュースから引用しています。>

 2018年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)が、北川悦吏子さん脚本のオリジナル作品「半分、青い。」に決定し、22日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で会見が行われた。大ヒットドラマ「ロングバケーション」などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川さんが、失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(すずめ)の“七転び八起き”な半生を描く。
ヒロインと、同じ日に生まれた幼なじみの男性との半世紀越しの恋愛も描かれるといい、北川さんは「彼(幼なじみ)と彼女(ヒロイン)の50年にわたるストーリーになっていく。そういう長い中で、同じ日に生まれた男の子と女の子の距離がどう変わっていくか」と見どころを語った。

 ドラマは、大阪万博の翌年の1971年に岐阜県で生まれ、子供時代に病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、度重なる失敗をしつつも、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語。鈴愛は、高校卒業後に少女マンガ家を目指してバブル期真っただ中の東京に出るも、挫折し結婚。一人娘を授かるが、夢追い人の夫からは離婚されてしまい、シングルマザーとなって故郷に戻る。最後にたどり着いたのは、病気の母にやさしい風を届けてあげようと「ひとりメーカー」として扇風機を作ることだった……と展開する。

 片耳を失聴したヒロインについて、北川さんは「自分もあるとき失聴して。落ち込んだりしたんですけど、考えようによっては、ロマンチックなエピソードも思い浮かびやすくて。ドラマにしたら、ステキに見える瞬間と、がんばらなきゃっていう瞬間がすごくいいバランスで書けるんじゃないかと。そういう野心というか創作魂みたいなものに火がついたのがきっかけです」と語り、創作秘話を明かした。

 また、舞台の一つとなる岐阜は、北川さんの故郷でもあり、「プロデューサーの方から岐阜がいいんじゃないかと。私としてはこっぱずかしい感じがして。なるべく避けたかった」と明かしつつ、「結局そこで生まれ育っているし、なじんだ場所である。もう一度生まれ育ったところに戻って、あのころ自分が何を感じていたか思い出すのもいいかなと思った」と決断した理由を明かした。

 会見に出席した制作統括の勝田夏子さんは、北川さんについて「自由な発想で、普通の方では発想できないセリフや物語を描く」と魅力を語った。

 放送は18年4月2日から、全156回を予定している。17年秋クランクイン予定。



 北川氏は『あすなろ白書』(1993)、『ロングバケーション』(1996)、『ビューティフルライフ』(2000)、『オレンジデイズ』(2004)など数多くのヒットドラマを生み出した人気脚本家で、映画『ハルフウェイ』(2009)、『新しい靴を買わなくちゃ』(2012)では監督も務めた。朝ドラの脚本は今回が初めてとなる。




posted by gifu-office at 19:01| Comment(0) | トピックス・タウンニュース

2017年03月06日

岐阜発、高品質アパレル 「ア・ミューズ」開幕

岐阜駅前にある「じゅうろくプラザ」で
岐阜アパレルのビッグイベントである「ア・ミューズ」が開催されました。

私も仕事で関わりがあるのとファッションショーも開催されたので
行ってきました。

岐阜県知事の古田さんや岐阜市長の細江さん、岐阜放送会長の杉山幹夫さん、
ファッション連合会の野口千寿雄理事長も開催イベントに参加され
注目されたイベントでした。


ア・ミューズ岐阜 デジタル・パンフレット (GIFUファッション・ガイドブック2017春夏)

amuse1.jpgいイベント開催のテープカット

amuse2.jpg
ファッションショー





posted by gifu-office at 12:29| Comment(0) | トピックス・タウンニュース